副業主婦の一日。在宅ワークで得られたものは心のゆとりができたことです。

せどり

こんにちは〜たこです(^^♪

本日もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

「子供が小さいけれど、お小遣いが欲しい」

「今は働いていないけど、仕事始めたいな」

そう思っているお母さんは多いですよね。

 

でも、今の生活スタイルをすごく変えないと行けないんじゃないの?と思っている方も多いのではないでしょうか?

現在、小学4年生、年中、1歳10ヶ月の子供の母親業をしながら自宅でAmazon販売や情報発信をしながら生活しています。

自宅で仕事するとこんな感じ、という事を知ってもらえたら幸いです。

今、仕事をしたいと考えているなら、是非あなたの生活とちょっとくらべてみてくださいね〜

では、さっそく私の2019年の平均的な1日の様子をあぶり出してみたいと思います(^^♪

専業主婦の副業は育児と家事が優先です。集中して仕事できるのはおよそ1時間から2時間です。

では、平日の私の時間の使い方を見ていきますね。

赤字で記入したところが作業時間ですm(_ _)m

5時〜6時 起床、次男トイレに連れて行く

6時 洗濯物干し

7時 風呂掃除

7時半 長男登校、パパ出勤

8時 娘、次男と一緒に食事

8時半 幼稚園の登園準備等

9時 幼稚園登園、その後次男と電車を見に駅へ

10時 帰宅 授乳して次男お昼寝

11時半 次男起きる

12時 昼食を次男と食べる

13時 次男と遊びつつ、洗濯物を取り込む

14時 次男と遊びつつ、メール等のチェック

14時半 娘の幼稚園お迎え、そのまま園庭で遊ぶまたは買い物

15時半 帰宅、娘の荷物片付け、おやつの準備

16時 長男帰宅、連絡帳や配布物のチェック

16時半 夕食準備(次男のお世話しつつ仕事しつつ)

17時半 子どもたちと夕食

18時 夕食片付け

18時半 長男のサッカー送迎

19時 帰宅、娘と次男とお風呂に入る

20時 パパ帰宅、食事準備

20時半 片付け、サッカーの迎え

21時過ぎ 長男と帰宅、長男の夜食準備

21時半 次男に授乳しつつ、寝かしつけ

22時 就寝(スマホでメールなどチェックしつつ、

寝落ちしたりします^_^)

次男はまだ授乳するので、1日7,8回は授乳する機会があります。夜中にも次男に授乳するので、早く寝てます^_^

起床の時間もまだ定まってないので、合わせて起きています。

我が家は年少の娘もまだまだ手がかかります。トイレも小は自分で行けるけど、大は拭けないので一緒にいきます。

そして、次男はトイレにいって小や大はできるようになって来たものの、まだおむつが取れていません。

なのでおむつ替えも頻繁にやってます。

仕事に集中していられる時間は次男のお昼寝時間(10時~11時半前後)。

今は1時間から2時間くらいしてくれるので、その時間に集中してできる仕事(コンテンツ制作やブログ執筆、せどりリサーチ等)をやります。

平日はこんな感じで、作業できるのは1~2時間程度です。

 

では、今度は週末の時間の使い方を見ていきます。

以下の画像は土日祝日のスケジュールです。

 

土日祝日は家族全員いるので、仕事はできる時にやれたらやるスタンスでいます。

赤い矢印の部分が隙間時間なので、その時間にメールチェックや売上をチェックしてリサーチや仕入れの管理をしています。

この記録は11/16のスケジュールです。

急ぎで出したい荷物があったので、そういう時はパパに子どもを見ていて貰って作業したりしています。

FBAの納品作業は簡単な物は自分でやって、セット品や梱包しなくては行けないものは人にお願いして納品を行っています。

在宅ワーカーのデメリットは2つ。やっぱり時間は少ないです。

専業主婦が在宅にいながら稼げるなんて、

メリットだらけ、、、のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。。

ですが、デメリット、というかできないことも多いです。

大きく2つあると感じています。

 

・作業できる時間がかなり限られてる

・仕事と家事(家族の時間)の切り替えが難しい

 

この二つです。

【副業主婦】作業できる時間がかなり限られてる

家族に合わせて家事や育児をしていると、時間はあっという間に過ぎていきますよね。

そんな中、仕事の時間を作り出すのは無理なんじゃないかな?と感じます。

以下は私が今仕事よりも優先的にやっていることです。

優先してやる事

次男(1歳児)のお世話

1日で必ずやる事

食事作り

掃除(部屋、風呂)

洗濯(平均2〜3回)

幼稚園の送迎

イレギュラーな学校・幼稚園の行事など

 

【副業主婦】仕事と家事や家族の時間の切り替えが難しい

切りかえって結構難しいですよね。

普通に会社で働いていても、ここは難しい部分だなって思ってます。

例えば、赤ちゃんのお世話しつつ仕事するのは、

後輩や部下の仕事っぷりを見ながら自分の仕事をこなすのに似ている

そんな感じに個人的には思ってます。

自分のこと以外を同時進行でやるのって、

かなり神経を使っていく作業なので、疲れます(;^ω^)

 

それでも現在もせどりを選んでをやってきたのには、

理由があるからなんですよね。

そんなことを次の章でお話ししていきます~

せどりが専業主婦の副業に合う理由は3つ。一人でも、すぐに、シンプルに続けられるから

せどりは一人で仕入れから販売まで完結できます。

私がやっている卸せどりは自宅から一歩も出ることなく完結できる、

主婦や副業でやりたい方には素晴らしいビジネスですよね。

 

Amazonで販売を開始すると、

販売開始から最短2週間で売上金が通帳に振り込まれます。

 

そして、せどりは本当にシンプルです。

他にもっとリスクが低くて稼げるビジネスもあるかもしれないですけど、

一つ一つの作業自体が短時間でできて、

やればやるほど結果が出る仕事だな~と思ってます。

 

子育てしながら在宅で仕事をしているとこんなことがネックになってきます。

 

・作業できる時間がかなり限られてる

・仕事と家事や家族の時間の切り替えが難しい

 

やる時間を確保してやっていくというイメージよりもできる時にできることをやるというイメージですね(^^)

その分、無駄なことはできないなーと思ってかなり集中してやることができますし、無駄なことをやらないといった面ではかなり充実した時間を過ごせているなって感じます。

 

私にも会社員時代がありました。

調理師だったんですけど、調理オペレーションってほぼ先輩方たちが作ってくれたものなんですよね。

でも、

「その工程なくてもいいのでは?」

と思うことが多かったです。

でも決まった工程でないと作らせてもらえない訳なんですよね(;・∀・)

 

一人で仕事をすると、孤独との戦いではあるんですか、

そういったオペレーションの改善は即改善できます(^^)

 

なので、ここら辺を改善したり、優先するべきこと(私の場合は家事とか子供のお世話とか)のやり方を改善するだけでカバーできると感じてます。

主婦は在宅でせどりの実践は可能です。子育てが終わっても続けていけるビジネスです。

毎日毎時間こころに余裕があるかというと、

「余裕です!」とは言えないですけど、

会社員時代よりも余裕はあると感じています。

 

勤めていれば、平日はほぼ家族との時間は夜しかなくなります。

また、疲れて夕食にはお惣菜を買ってきて食卓に並べるしかないかもしれないです。

今この記事を書いている間も、娘の会話を聞いたり、

次男と一緒に歌を歌ったり、

長男に「おかえり~」

といってあげられる時間が持てて、

罪悪感なく働けるのは、

やっぱり私が三年前に決断して、せどりを始めたおかげだなって心から思ってます。

正直、まだまだ稼ぐ金額やリスクを比較すると正社員で働いているほうがいいのかもしれません。

でも、5年、10年と月日がたった時に子供と一緒に入れた時間取り戻そうと思っても遅いので、やってきてよかったなと思ってます(^^)

子どもが大きくなって、仕事を思い切りできるようになってからバンバン稼いでいきます~

■NETSEAでの仕入れを大公開。メルマガ読者限定でプレゼントしています

卸サイト「NETSEA」をご存知の方は多いふと思いますが、
あまり良い商品見つからなかった方も多いのでは?
でも実際は仕入れが可能な卸サイトなんです!
実際に私が仕入れをして利益を出した商品をご紹介します。
自宅にいながら、
187円利益の出る商品を288個仕入れしたりしてます。
1回の仕入れ時間は大体30分。
NETAEAって利益の出る商品なんてないって思い込んでいませんか?
卸問屋をインターネットで探し回る時間をNETAEAのリサーチ時間にしてください。
そんなNETSEAで仕入れた商品をメルマガの読者の方に公開することにしました。
ぜひ使って下さいね~。

■こんな内容のメルマガを配信しています

現在、メルマガ読者の方限定で公開しています。
せどりで卸問屋からの仕入れを取り入れれば、
子育て中のママでも短時間の作業で収入を得る仕組みを作ることが出来ますよ~。
以上のプレゼントを、メルマガにご登録頂いた方全員に差し上げています。
これらは全て無料ですので、ぜひお受取り下さいね~
名前の登録は不要で、
メールアドレスだけ入力して 「送信」のボタンをクリックしてもらえばOKです。

子育てしながらメルマガ





タイトルとURLをコピーしました