【せどり情報発信】一番易しいマネタイズのやり方

こんにちは!たこです(^^♪

 

 

昨日は情報発信のマネタイズ方法をご紹介してきました。

amazonセラー
amazonセラー
やっぱり情報発信て難しくてハードル高いよね

と思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

私も始めた頃は、一体何をしていけばいいのか?

自分にできる価値提供なんてないのではないか?

 

悩んだ時もありました。

そんな時におすすめなのが、「プラットフォームでコンテンツを販売する」ことです。

 

せどりで例えると、

自分の商品を作って販売する=自社商品作って自己ドメインのネットショップで販売する

これだとハードルが高いですよね。素人がやって失敗するやつです。

 

でも、

プラットフォームで自分の商品を作って販売する=Amazon(売れるネットショップ)でOEMを販売する。

だと、どうでしょう?ちょっとハードル下がりましたよね。

まずは、自分で販売せずに、コンテンツが売れているプラットフォームで販売しよう!という作戦です。

 

せどりの情報コンテンツが売れるプラットフォームはいくつかあり、

たくさんのユーザーがいるのが、

note

brain

ココナラ

 

などがあります。

 

せどりのサービスを販売するのにおすすめなのがココナラです。

 

ココナラでは、既にせどりのカテゴリーが存在するので、

ニーズがあることが分かります。

 

せどりをこれから始めたい人やせどりでの問題や悩みを解消したい人が、

その特定の悩みの解消のためにサービスを購入する感じです。

 

ちなみに私のココナラのサービス販売の成果をお話しすると…

過去三か月間で販売数は11件、約60000円売り上げが立ちました。

 

売りが画は平均すると月に20000円ほどですが、

一度作って放置しているサービスが稼いでくれているので非常にありがたいです。

 

私は購入されれば、既に作ってあるサービスをお客様にお届けするだけなので、

省労力で販売ができてしまうわけです。

 

注意したいのが、プラットフォームには販売手数料がかかります。

考えてみたらそうですよね、集客はプラットフォームがしてくれているので、無名でもサービスを購入していただけるわけです。

 

ココナラの販売手数料は25%とちょっと高額ではあります。

 

他のプラットフォームと比べてみると…

noteは、販売方法に応じて15~35%の手数料がかかります。

コンテンツを販売する際に引かれる手数料

Brainは、12%~こちらも販売方法に応じて、紹介制度を利用すると販売手数料が割り増しになります。

9.手数料体系を教えてほしい

 

また、各プラットフォームには利用規約があるので必ず読んで、厳守しましょう。

物販で言うamazonも同じですが、

利用規約を守らなかった場合はアカウント凍結の恐れがあります。

noteは情報商材などを販売することは利用規約違反につながる可能性があります。

利用規約改定のお知らせ

 

 

なので、まずは利用規約を確認しましょう!

 

今日はちょっと長くなったので、明日の記事で続きをご紹介していきます。

 

lineやメールで感想や悩みなどを送って頂けると嬉しいです!

 

では、また!

情報発信
スポンサーリンク
子育てしながら自宅でビジネスブログ