ブログ研究 グーグルアナリティクス

 

 おはようございます!

やらないことを決めるって大事だと痛感していましたーたこです。

 

価格改定も、利益の管理も時間をかけないと決めて、

マカド!とfreeeにお願い中。ちゃんと確認はしていくけど、前のように時間を他に使えてストレス軽減されてる気がします。

 

というわけで、その時間で今日はブログのアクセス研究をしてました。

 

アナリティクス最初のページの表示から見ていきます。

 

  • セッション数 ⇒ あなたのサイトに何回の訪問があったか?

  • ユーザー数 ⇒ あなたのサイトに訪問したユーザー数

  • ページビュー数 ⇒ あなたのサイトの中で見られたページ(コンテンツ)の数

  • ページ/セッション ⇒ 1回の訪問につき、何ページ見られたか?

  • 平均セッション時間 ⇒ 1回訪問につき何分滞在しているか?

  • 直帰率 ⇒ 1ページだけ見て帰ったユーザーの割合

  • 新規セッション率 ⇒ 新しく訪問してくれたユーザーの割合

よくサイトのアクセス数の指標として使われるのが、「セッション数」か「PV数(ページビュー数)」で、

PV数の報告という事で記事を書いている方が多いようですよ、はい。

 

f:id:pkh2017:20180929105624p:plain

 

このブログを再始動させて約2週間です、はい。

多いか少ないかは、よくわからない(-_-;)

ただまだまだできることが沢山ある気はしているんですよ(^^)/

 

で、気になるのはどこから私のブログにおいでになるのか?ですね。

流入元を調べるには、Googleアナリティクスの「集客」のレポートを見ると分かりやすいです。
Googleアナリティクスの左のメニューから「集客」⇒「サマリー」の順でクリックしてみて下さい。

あ、あ、の、サマリーって概要の事だそうですよ(´・ω・`)

 

f:id:pkh2017:20180929110532p:plain

 

f:id:pkh2017:20180929110507p:plain

  •  

    うん、よく、読んでおくね(笑)頭の中いっぱいいっぱいだよ_(._.)_

どんなキーワードで検索されているかは、棒グラフのOrganic Search(文字がリンクになっている)から検索です。

しかし、現在はGoogleユーザーがGoogle検索をした際のキーワードは分からないようになっているので、「not provided」と表示されてしまっています。

キーワードが分かるのは、Google検索以外という事になりますね。

 あ、今はGoogle先生教えてくれないんですね(-_-;)

そして私の場合はまだまだデータが足りないようです。

 

Direct、つまり直接あなたのサイトに来るきっかけとなるページやコンテンツを知ることができます。

 これは、いいですね。書いた記事から集まってくるキーワードなどが拾えそうです!

 

ちょっとまだまだ研究しなければいけませんが、幼稚園のお迎えの時間なのでいってきまーす!

コメント