家を建てる前に知っておきたいこと

こんにちは!

またまた次男が高熱でうなされています(´;ω;`)ウゥゥたこです!

次男の涙目が悲しいです、、、早くよくなれ!!

 

30代なら一度は考えること、

家が欲しい!マイホームを建てたい。

そう、夢のマイホーム。

我が家はマイホームを買っちゃうぞ!!

 

 

家を建てようと考えたとき、ほとんどの人がまずやることって言ったら

→住宅の雑誌・本を買う

ハウスメーカーなどに資料請求

→住宅展示場やモデルハウスを見に行く

→とっても素敵な住宅を内覧する

→営業さんがめちゃくちゃ親切

→営業さんが子供と遊んでくれる

→営業さんがお菓子やお土産をくれる(買う気+10%)

→めちゃくちゃいい気分で帰る(買う気50%)

→「あんな家に住みたい」と子供に言われる(買う気+30%)

→夫婦でも家の話で盛り上がる(買う気100%!

→もうあそこのハウスメーカーに頼もうよ、となる、、、

みたいな感じが王道パターンですかね。

 

お金ちゃんと用意できる人はいいんです。

お互いが気分いいほうがいいに決まってます。

 

ただね、私はね、我が家はね、違うんですよ( ;∀;)

できるだけね、購入金額を抑えてね、ローンの期間を短くしてね、返済額もね押さえていきたいんですよ。

というわけで、

家を購入したいんだけどいったいいくらの家なら私たちに妥当なのよ?

ということを第三者の目から見ていただこう、ということなんです”(-“”-)”

 

実は以前も第三者の目(住宅購入専門のファイナンシャルプランナーさん)から見て頂いたことがあって、

再度相談するんですがその運びとなった理由について書きます!

 

そもそもなぜ家を建てようと思ったのですか?

はい。一言でいうと、同居している実の母とずっと上手くいっていないんです( ;∀;)お恥ずかしい話なんですが、、

お互いまだ先は長そうですし、一緒に済まない選択をしたほうがお互いに幸せに迎えると考えました。

私の中では人生で大きな決断です。

そして、ほっとしている自分がいるので本当に負担になっていたんだと思います( ;∀;)

 

 

なぜ専門家に相談したんですか?

 

住宅を建てるのになぜ?と思われていると思います。

でも思ったよりもお金がかかったら??

なので、住宅の専門家でファイナンシャルプランナーさんをしているこの方に第三者の立場から無理なく返済できる家の購入予算を算出していただこう!そう考えたのであります!

しかもこの専門家の方、すごいんですよ。

住宅割引しちゃう(; ・`д・´)

しかも何百万単位らしいです汗

なので今回相談料数万円の元は取っていただきましょう!

 

 

さいごに

私今年37になるんですが、35年ローンとか地獄ですよ。

72歳まで払うとか、、、考えられないんです。

今日は第一回目の相談でしたが、今後さらに相談と物件を探してもらいます。

中古・新築に限らず幅広く探してもらいます。

自分で探してもいい物件が見つかるとは限らないし、

時間もかかります。

投資ですね。いい投資ができたと思っています。

為になる記事を見つけましたよ!

nue-house.hatenablog.com

sennich.hatenablog.com

ではでは、また進捗状況をシェアしていきますね!!

 

 

コメント