良い物件とは??我が家購入の続編

こんばんはー!!たこです〜

今日はスマホからしか更新できなそうですが、頑張って参りますよー!!

よろしくお願い致します\(^o^)/

 

昨日は先々週から家購入の専門家でファイナンシャルプランナーさんと再び打ち合わせをして参りました! 

この日は不動産屋さんを紹介していただきまして、5件ほど紹介して頂きました。

希望している土地とお隣の土地の物件計2件を見学することも出来ました。(内一件はこれから建設予定地を見学)

 

 

15年後でも買い手のつく家

家は買ったら終わり、ではありませんよね。

購入したときは新しいので考えもしませんが、必ず使っていって古くなっていきます。

壊れたり、取り換え時期が来たりとメンテナンスをしていかなければならないんですよね。

そういうことって二の次に考えがちです。

 

約10年〜15年後に修繕費がかかってきたとき

実は私たちもファイナンシャルプランナーさんに算出してもらった予算の中にこの部分が入っていないんです。

これは人それぞれの考え方の問題なのですが、今回購入する家にずっと住むのか?と言う事がポイントになりました。

私達夫婦の考えは、子どもたちが巣立つまでの住居と捉えています。

子どもたちが巣立ったあとはもっとミニマムな生活を希望しています。

ちょうど10年後、15年後、20年後、家の修繕が必要となる頃には子どもたちは家から巣立ち、

夫婦二人の生活になると予想しました。

その時は住居を手放すと言う選択肢も視野に入れて購入を決めたいと思いました。

 

誰もが欲しい家を買うという選択

そう考えると土地はかなり重要になってきます。

生活圏内に私達が希望する、

徒歩圏内に買い物できるところがある

徒歩圏内に病院がある

徒歩圏内に小学校がある

徒歩圏内に幼稚園、保育園がある

などという希望は

15年後私達のように住居購入を希望する子育て世代の買い手がつく可能性は大きいです。

そうなるとこういう土地に家を買うという意味が大いにある、ということになりますね。

 

私達の現状

今回はまだ建ってない物件の方が条件に合いそうなので、より詳しい情報を来週にも聞かせてもらえるとのことでした。

建設予定日は3月の末の予定で、私達が希望した4月までに入居にも間に合いそうです。

 

建設前なので内覧はできませんが、隣にも同じ(全く同じ!)住居が建設中なのでそちらの内覧ができるように手配してもらう事にしました。

その物件はすでに買い手がついているとのこと!

やっぱりこの物件がいいのではないかと、ファイナンシャルプランナーさんにも打診をもらいました。

私達夫婦もかなり気に入り、話を進めたいきもちでいます。

 

さいごに

家の購入は本当に家族それぞれ考え方が違うので一概にこれが絶対にいい!という購入するべき家っていうのはないんだろうなぁとつくづく思います。

ただ、私達の良かった点は専門家に相談したこと、だと思います。

 

次回はこの物件の詳細がわかり、その後購入か?いなか、というところです。

その後のローンを組んだり、値引き交渉もおまかせして私達は稼ぐことに力をいれていきます!!

ではでは、また明日です〜!!

 

コメント