amazonで出品制限が解除できない理由とおすすめの解決方法をご紹介します

せどり

2016年からAmazon販売を始め、食品やドラックストアカテゴリーの出品申請を通過してきたたこです(^^)

Amazon出品できない商品、リサーチ不足で仕入れしてしまった。
出品できないものがあるって聞いていたのに、、、。
仕入れた商品どうやってさばこう…

amazonで出品制限が解除できない理由は、

  • その商品の販売実績がないまたは少ない
  • 事前に申請が必要な商品
  • そもそも販売禁止商品である

そして、Amazonは毎年のように出品規制のルールに変更がありますね。

結論
amazon販売では出品制限が必要な商品か調べてから仕入れましょう

です。

amazonで販売できる商品はamazonのルールに従うしかないです!

ここを理解せずに、
「このカテゴリー商品は出品できない」
「このメーカーは仕入れができない」

と嘆いていても在庫は減りません。

それでも仕入れてしまった商品、在庫にしたままにするとキャッシュフローが悪化しちゃいます、よね?

そんな時のために、amazon以外での販売方法も解説していきます。

この記事では、amazonで出品制限が解除できない理由とおすすめの解決方法を経験談を交えてご紹介していきます。

販売先をAmazonに依存せず、キャッシュフローを自由に管理できる卸せどりのやり方を理解できますよ。

「amazonやメーカーからの知的財産侵害及び商標権侵害などで出品の取り下げのリスクを回避したい」 「amazonの出品制限を解除して、ライバルが仕入れられない商品を仕入れて独占販売したい! 」 1日中リサーチしてやっと見つけた商品が、 ・メーカーから出品取り下げの請求メールが来た ・実は出品出来ない商品だった 私も何度か経験したことがあるのですが、落ち込みますよね。

そんな方にオススメです。

アマゾン出品規制や仕入れに使える卸問屋情報教えます 販売歴3年半・総売上2000万以上の経験者が教えます

amazonで出品制限が解除できない理由

amazonで出品制限が解除できない理由は、冒頭でお伝えした通り、、、

amazonで販売できる商品はamazonのルールに従うしかないです!

amazon出品大学の「商品の信頼性と品質」には説明があります。

信頼できる仕入先から商品を購入していますか?
商品の信頼性と品質について、確信がありますか?
購入に関する書類をすべて保管していますか?
商品の安全性に関する問題を検討しましたか?
• 仕入先をよく知りましょう。商品を購入するメーカー、再販業者、および仕入先を調
査することで、苦情のリスクを削減してください。
• 出品する商品の信頼性を検証しましょう。出品する商品の品質チェックに時間をかけ
てください。Amazonでブランド商品を出品する場合は、必ず信頼性の高い仕入先から
商品を入手してください。
• 信頼できる業者から商品を仕入れたことを証明する、注文書や請求書など取引に関す
る書類や記録は、すべて保管しましょう。
• 出品する商品が安全であることを確認しましょう。出品する商品に安全性テストやコ
ンプライアンス要件があるかどうかについて、調査に時間をかけてください。

出典元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G202010130

上記のAmazonの理念に基づいて、以下の理由が挙げられます。

  1. その商品の販売実績がないまたは少ない
  2. 事前に申請が必要な商品
  3. そもそも販売禁止商品である

では、ひとつずつ解説していきます。

理由その1 その商品の販売実績がないまたは少ない

Amazonセラーアカウントを取得した期間が短いと、
Amazonからの信頼も薄くて当然と言えば当然ですよね。

Twitterで出品申請が通らないと投稿している方は、amazonセラーアカウント取得から1年未満の人が多いですね。

1年未満のセラーであれば、販売実績もそれほどないはずです。

amazonでは、

「購入者に安心して買い物をしてもらえるよう常に努力する」

上記のことをセラーに求めています。

  • カスタマーサービスのパフォーマンス
  • 商品規約の遵守
  • 出荷パフォーマンス
  • 利用資格
  • 購入者からの評価

 

などを考慮してセラーアカウントを評価していますね。

まだ販売実績の少ない1年未満のセラーの場合は、出品の申請より先に販売実績を作り、徐々に取り扱う商品を増やすのが得策です。

理由その2 事前に申請が必要な商品

出品する際に事前に申請が必要な商品は結構沢山あります。

リコール対象商品と商品の安全性

Amazonデバイス用アクセサリ
シーリングライト
AC アダプター
歯ぐずり対策ジュエリー
抱っこ紐
歩行器
自転車用ヘルメット
二段ベッド
カートリッジガスこんろ
子ども用ジュエリー
電動工具、家電用互換リチウムイオン蓄電池
電気コンロ
除湿器
ペット用ドライヤー
フィンガースピナー
電気ヒーター
ホットプレート
防災警報器とその他の安全機器
ヘアドライヤー、ヘアアイロン
湯たんぽ
チャイルドシート / 子供用シートベルト
傾斜型乳幼児ベッド
乳児用スリープポジショナー
透明インクペン
電動パーソナルモビリティ(Eモビリティ)機器
ノートパソコン用/スマートフォン用バッテリー、アダプター
磁性パテ
磁気ビルディングタイル
ミキサー、ジューサー
登山用ロープ(身体確保用のものに限る)
アウトドア遊具
ペイントストリッパー
モバイルバッテリー/パワーバンク
ポータブル電源
車&バイク用ポータブルジャンプスターター
電波法により規制される商品
発射体おもちゃ
Amazon.co.jpでの電気用品の出品について
Amazon.co.jpでの電波法により規制される商品の出品について
スクイーズ玩具
ストリングライト
スチームアイロン
ベビーカー用扇風機
ベビーカー
トースター
自動車用ジャッキ
Amazon.co.jpでのおもちゃ&ホビーの出品について
Amazon.co.jpでのガス器具関連商品の出品について

出典:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/GXMGGPL6LC4CVXHT

また、新たに出品申請が必要な商品が増える場合もあります。

申請が必要かどうかを確認するには、Amazonテクニカルサポートに問い合わせてみましょう。

出品申請が必要かどうかはAmazonにその都度確認いていくのが一番確実です。

テクニカルサポートに問い合わせしてみてくださいね。

 

理由その3 そもそも販売禁止商品である

資格を持っていないと販売できない商品て結構あります。

資格を持っていないと販売できない商品=Amazonで出品できないです。

例えば、以下の様な商品です。

制限対象商品
酒類の取り扱い
動物および動物を材料とする商品
自動車用品
医薬部外品および化粧品
通貨、硬貨、および現金同等品
栄養補助食品
医薬品
武器および武器を模した商品
食品&飲料
アダルト商品
不快感を与える商品
Amazon デバイスおよび修理・メンテナンス用アクセサリ商品
電化製品・電子機器
レーザーポインターおよびその関連商品
医療機器の取り扱いについて(マーケットプレイス出品者用)
盗品及びロックピッキング装置
医療機器および関連商品
植物、植物由来製品及び種子
リコール対象商品
タバコおよびタバコ関連商品
その他の商品
化学物質、農薬および肥料

出典元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G200164330

出品禁止商品かどうかも事前にしっかり確認してみましょう。

この章で解説してきたことは、セラーセントラルのヘルプページで確認することができます

リサーチや仕入れのやり方はわかっているけど、Amazonのルールや情報をちゃんと理解されていない方も多くいらっしゃいます。

  • Amazon出品大学
  • Amazonセラーセントラルの重要なお知らせ

上記はセラーセントラルで確認できるので、常に最新の情報を頭に入れておきたいものです。

 

しかし、出品制限が必要とは知らずに既に仕入れてしまった、、、ということってありますよね。

 

私は何度か失敗してしまいました(-_-;)

 

「みんなが気付かないうちに仕入れてしまいたい!!先に仕入れて後から調べよ~」

って焦って、と思って調べたら、申請が必要だったということもありました

 

そういう時にどう対処したらいいのかを次章でお話ししていきます。

 

amazonで出品制限が解除できない時のおすすめの解決方法

amazonで出品制限が解除できないと出品ができないのは販売のロスになってしまい、何としても申請を通したいものですよね。

この章では申請を通す簡単な方法と申請が通らなかった時の対処法をお話ししていきます。

amazonで出品制限が解除して販売できるようにする

出品申請が必要な商品は書類の提出で出品が可能になります。

提出が必要な書類は、

  • 商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上
  • 商品の販売を許可するブランドからの書類1通

以上の2種類です。申請に必要な書類に関しても、メーカー、ブランド、カテゴリー、セラーアカウントごとに
条件が違うので注意が必要ですよ。

卸問屋からの請求書を求められる

amazon出品申請

 

出品申請を通過させるために最も用意しやすいのは、

「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上」

を用意することです。

請求書を発行して申請する場合は、

  • 申請日より〇日以内
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計〇点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)
  • Amazonが申請時に通知された企業に連絡する場合がある



上記の条件を満たした請求書が必要になります。

でも請求書の発行ってどこでしてもらえるんだろう?

店舗で仕入れてきたものだと請求書の発行は無理ですよね。

しかし、卸問屋からの仕入れであれば請求書の発行は可能です。

私の場合は、出品申請の際はNETSEA(ネッシー)から請求書を発行して貰いました。

NETSEAから請求書を貰おう

NETSEAから請求書を貰おう

この請求書はNETSEAの卸問屋に請求書を発行して貰って、2017年に実際にAmazonへ提出したものです。

2017年はAmazonの出品規制ラッシュでした。

  • ドラッグカテゴリー
  • 食品&飲料

以上のカテゴリーは請求書の提出が必須でした。

で、一発通過しなかったです(;^ω^)

規制解除ならず

amazon出品申請解除ならず

原因は、その時気が付かなかったんですが、請求書に卸問屋さんの連絡先がなかったんですよね( ;∀;)

求められている条件を満たせていなかったんです

審査結果については、

「審査基準、審査内容、審査結果の理由はお問合せいただきましてもご案内いたしかねます」

ということなので、何が原因か自分で調べることになります。しかし、しっかり事前に条件を満たした請求書を用意できれば、何が原因で申請が通らないかがわかりますね。

請求書を発行して貰う時は、NETSEA(ネッシー)で出展している卸問屋さんに、

  • 申請日より〇日以内
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計〇点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)
  • Amazonが申請時に通知された企業に連絡する場合がある

以上の条件を満たしているものを発行して貰えばOKです(^^)

まずはNETSEA(ネッシー)で出展している卸問屋さんに請求書を発行して貰えるか確認をしましょう。

amazonで出品制限が解除がどうしてもできない時

申請が必要な商品を仕入れてしまった時は、返品ができなければ自分の在庫になってしまいます。

amazonで売れないからと言って在庫を放置すると、キャッシュフローが悪化してしまいますよね。

amazonでは販売でいない時のためにも、amazonとは別の換金先を作っておくのがおススメです

すぐに換金できるのは、買取店に買い取ってもらって現金化するのがおススメです。

 

今は買取店にわざわざ持って行かなくても、発送するだけで買い取ってもらえるので便利ですよね。

 

しかし、同じ商品を複数仕入れてしまっている場合は、買取店では買い取ってくれない場合もあります。

 

そんな時はやはりフリマサイトで売るのがおススメです。

 

一番おすすめなフリマサイトは「メルカリ」です。

 

メルカリは業績が悪化していて売れないのでは?

 

と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、メルカリはユーザー数が2216万人(2019年4月時点)。

ラクマは1115万人(2019年4月)、PayPayフリマはダウンロード数が200万人(2019年12月)

メルカリは他のフリマアプリと比較しても多くの利用者がいますね。

私もかなりお世話になっています!

 

出品申請 売れない時

販売のやり方も自由度が高いので、複数セットで販売できれば発送料なども経費を抑えることが可能ですよね。

メルカリに新規で登録する場合は、クーポンコードの入力で500円分のポイントが入るので、入力してから登録しましょう。

 

クーポンコード⇒PJNMNC
コピペしてクーポンコードに入力してくださいね。

まとめ

amazonで出品制限が解除できない理由は、

 

  • その商品の販売実績がないまたは少ない
  • 事前に申請が必要な商品
  • そもそも販売禁止商品である

 

上記の理由が考えられます。

 

仕入れの際は必ず出品申請が必要な商品か調べてから仕入れましょう。

もし仕入れてしまった場合は、Amazon以外で販売し現金化しましょう。

Amazonは実は、転売に向いていないのです!

仕入れた商品を新品で出品する場合は、
以下のルールの厳守が必要です。
amazon販売 新品

 

仕入れ先が卸問屋であれば、請求書の発行なども可能ですので出品申請も可能になります。

 

仕入れ先に卸問屋を追加するのが必須と言えますよね。

まずは、審査申請の必要ない卸問屋の登録をしてみてくださいね。

「amazonやメーカーからの知的財産侵害及び商標権侵害などで出品の取り下げのリスクを回避したい」 「amazonの出品規制解除して、ライバルが仕入れられない商品を仕入れて独占販売したい! 」 1日中リサーチしてやっと見つけた商品が、 ・メーカーから出品取り下げの請求メールが来た ・実は出品出来ない商品だった 私も何度か経験したことがあるのですが、落ち込みますよね。

そんな方にオススメです。

アマゾン出品規制や仕入れに使える卸問屋情報教えます 販売歴3年半・総売上2000万以上の経験者が教えます

 

 

いまでは自宅でビジネスをしているたこですが、

  • 専門学校を中退
  • 離婚してシングルマザーに
  • 転職を繰り返し
  • パソコンもろくに使えない

過去にはこんな人生を歩んできました。

せどりによって、どうやって変わってきたのか?をLINE講座でお話ししています。

・ せどりを間違った方法ではじめてしまって遠回りしないためのポイント

・せどりの情報を集めすぎてどれも実践せずに終わってしまわないためのステップ

・もっと詳しいプロフィールやせどりを始めるまでの軌道

などを、LINE講座では話していきます。

登録&感想を送っていただけると、特典として18個以上の卸問屋仕入れで仕入れた商品事例をまとめたレポートなどをプレゼントしています。
このレポートを作るのにも1年かけて、50万円くらい学びに投資してきたので、見ていただく事でかなり学んでいただけると思いますので、ぜひ手に入れてみてください。

→ >>無料でline講座を受けてみる

※いつでもlineをブロックすることで配信を停止することができます。

※今なら、妊娠中の主婦だった私が、どうやって人生を変える選択をしてきたのか?をまとめた電子書籍と「入門編・準備編・実践編」3つの動画をプレゼントしています。

せどり
子育てしながら在宅ワークブログ

コメント

  1. […] amazonで出品制限が解除できない理由とおすすめの解決方法をご紹介します […]

タイトルとURLをコピーしました