amazon販売で出品申請が通らない理由とおすすめの解決方法をご紹介します

せどり

2016年からAmazon販売を始め、食品やドラックストアカテゴリーの出品申請を通過してきたたこです(^^)

Amazon出品できない商品、リサーチ不足で仕入れしてしまった。
出品できないものがあるって聞いていたのに、、、。
仕入れた商品どうやってさばこう…

amazon販売で出品申請が通らない理由は、

  • その商品の販売実績がないまたは少ない
  • 事前に申請が必要な商品
  • そもそも販売禁止商品である

そして、Amazonは毎年のように出品規制のルールに変更がありますね。

結論
amazon販売では出品申請が必要な商品か調べてから仕入れましょう

です。

amazonで販売できる商品はamazonのルールに従うしかないです!

ここを理解せずに、
「このカテゴリー商品は出品できない」
「このメーカーは仕入れができない」

と嘆いていても在庫は減りません。

それでも仕入れてしまった商品、在庫にしたままにするとキャッシュフローが悪化しちゃいます、よね?

そんな時のために、amazon以外での販売方法も解説していきます。

この記事では、amazon販売で出品申請が通らない理由とおすすめの解決方法を経験談を交えてご紹介していきます。

販売先をAmazonに依存せず、キャッシュフローを自由に管理できる卸せどりのやり方を理解できますよ。

「amazonやメーカーからの知的財産侵害及び商標権侵害などで出品の取り下げのリスクを回避したい」 「amazonの出品規制解除して、ライバルが仕入れられない商品を仕入れて独占販売したい! 」 1日中リサーチしてやっと見つけた商品が、 ・メーカーから出品取り下げの請求メールが来た ・実は出品出来ない商品だった 私も何度か経験したことがあるのですが、落ち込みますよね。

そんな方にオススメです。

アマゾン出品規制や仕入れに使える卸問屋情報教えます 販売歴3年半・総売上2000万以上の経験者が教えます

amazon販売で出品申請が通らない理由

amazon販売で出品申請が通らない理由は、冒頭でお伝えした通り、、、

amazonで販売できる商品はamazonのルールに従うしかないです!

amazon出品大学の「商品の信頼性と品質」には説明があります。

信頼できる仕入先から商品を購入していますか?
商品の信頼性と品質について、確信がありますか?
購入に関する書類をすべて保管していますか?
商品の安全性に関する問題を検討しましたか?
• 仕入先をよく知りましょう。商品を購入するメーカー、再販業者、および仕入先を調
査することで、苦情のリスクを削減してください。
• 出品する商品の信頼性を検証しましょう。出品する商品の品質チェックに時間をかけ
てください。Amazonでブランド商品を出品する場合は、必ず信頼性の高い仕入先から
商品を入手してください。
• 信頼できる業者から商品を仕入れたことを証明する、注文書や請求書など取引に関す
る書類や記録は、すべて保管しましょう。
• 出品する商品が安全であることを確認しましょう。出品する商品に安全性テストやコ
ンプライアンス要件があるかどうかについて、調査に時間をかけてください。

出典元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G202010130

上記のAmazonの理念に基づいて、以下の理由が挙げられます。

  1. その商品の販売実績がないまたは少ない
  2. 事前に申請が必要な商品
  3. そもそも販売禁止商品である

では、ひとつずつ解説していきます。

理由その1 その商品の販売実績がないまたは少ない

Amazonセラーアカウントを取得した期間が短いと、
Amazonからの信頼も薄くて当然と言えば当然ですよね。

Twitterで出品申請が通らないと投稿している方は、amazonセラーアカウント取得から1年未満の人が多いですね。

1年未満のセラーであれば、販売実績もそれほどないはずです。

amazonでは、

「購入者に安心して買い物をしてもらえるよう常に努力する」

上記のことをセラーに求めています。

  • カスタマーサービスのパフォーマンス
  • 商品規約の遵守
  • 出荷パフォーマンス
  • 利用資格
  • 購入者からの評価

 

などを考慮してセラーアカウントを評価していますね。

まだ販売実績の少ない1年未満のセラーの場合は、出品の申請より先に販売実績を作り、徐々に取り扱う商品を増やすのが得策です。

理由その2 事前に申請が必要な商品

出品する際に事前に申請が必要な商品は結構沢山あります。

リコール対象商品と商品の安全性

Amazonデバイス用アクセサリ
シーリングライト
AC アダプター
歯ぐずり対策ジュエリー
抱っこ紐
歩行器
自転車用ヘルメット
二段ベッド
カートリッジガスこんろ
子ども用ジュエリー
電動工具、家電用互換リチウムイオン蓄電池
電気コンロ
除湿器
ペット用ドライヤー
フィンガースピナー
電気ヒーター
ホットプレート
防災警報器とその他の安全機器
ヘアドライヤー、ヘアアイロン
湯たんぽ
チャイルドシート / 子供用シートベルト
傾斜型乳幼児ベッド
乳児用スリープポジショナー
透明インクペン
電動パーソナルモビリティ(Eモビリティ)機器
ノートパソコン用/スマートフォン用バッテリー、アダプター
磁性パテ
磁気ビルディングタイル
ミキサー、ジューサー
登山用ロープ(身体確保用のものに限る)
アウトドア遊具
ペイントストリッパー
モバイルバッテリー/パワーバンク
ポータブル電源
車&バイク用ポータブルジャンプスターター
電波法により規制される商品
発射体おもちゃ
Amazon.co.jpでの電気用品の出品について
Amazon.co.jpでの電波法により規制される商品の出品について
スクイーズ玩具
ストリングライト
スチームアイロン
ベビーカー用扇風機
ベビーカー
トースター
自動車用ジャッキ
Amazon.co.jpでのおもちゃ&ホビーの出品について
Amazon.co.jpでのガス器具関連商品の出品について

出典:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/GXMGGPL6LC4CVXHT

また、新たに出品申請が必要な商品が増える場合もあります。

申請が必要かどうかを確認するには、Amazonテクニカルサポートに問い合わせてみましょう。

出品申請が必要かどうかはAmazonにその都度確認いていくのが一番確実です。

テクニカルサポートに問い合わせしてみてくださいね。

 

理由その3 そもそも販売禁止商品である

資格を持っていないと販売できない商品て結構あります。

資格を持っていないと販売できない商品=Amazonで出品できないです。

例えば、以下の様な商品です。

制限対象商品
酒類の取り扱い
動物および動物を材料とする商品
自動車用品
医薬部外品および化粧品
通貨、硬貨、および現金同等品
栄養補助食品
医薬品
武器および武器を模した商品
食品&飲料
アダルト商品
不快感を与える商品
Amazon デバイスおよび修理・メンテナンス用アクセサリ商品
電化製品・電子機器
レーザーポインターおよびその関連商品
医療機器の取り扱いについて(マーケットプレイス出品者用)
盗品及びロックピッキング装置
医療機器および関連商品
植物、植物由来製品及び種子
リコール対象商品
タバコおよびタバコ関連商品
その他の商品
化学物質、農薬および肥料

出典元:https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/G200164330

出品禁止商品かどうかも事前にしっかり確認してみましょう。

この章で解説してきたことは、セラーセントラルのヘルプページで確認することができます

リサーチや仕入れのやり方はわかっているけど、Amazonのルールや情報をちゃんと理解されていない方も多くいらっしゃいます。

  • Amazon出品大学
  • Amazonセラーセントラルの重要なお知らせ

上記はセラーセントラルで確認できるので、常に最新の情報を頭に入れておきたいものです。

 

しかし、出品申請が必要とは知らずに既に仕入れてしまった、、、ということってありますよね。

 

私は何度か失敗してしまいました(-_-;)

 

「みんなが気付かないうちに仕入れてしまいたい!!先に仕入れて後から調べよ~」

って焦って、と思って調べたら、申請が必要だったということもありました

 

そういう時にどう対処したらいいのかを次章でお話ししていきます。

 

amazon販売で出品申請が通らない時のおすすめの解決方法

申請が通らないと出品ができないのは販売のロスになってしまい、何としても申請を通したいものですよね。

この章では申請を通す簡単な方法と申請が通らなかった時の対処法をお話ししていきます。

amazonの出品申請を通して販売できるようにする

出品申請が必要な商品は書類の提出で出品が可能になります。

提出が必要な書類は、

  • 商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上
  • 商品の販売を許可するブランドからの書類1通

以上の2種類です。申請に必要な書類に関しても、メーカー、ブランド、カテゴリー、セラーアカウントごとに
条件が違うので注意が必要ですよ。

卸問屋からの請求書を求められる

amazon出品申請

 

出品申請を通過させるために最も用意しやすいのは、

「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上」

を用意することです。

請求書を発行して申請する場合は、

  • 申請日より〇日以内
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計〇点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)
  • Amazonが申請時に通知された企業に連絡する場合がある

上記の条件を満たした請求書が必要になります。

でも請求書の発行ってどこでしてもらえるんだろう?

店舗で仕入れてきたものだと請求書の発行は無理ですよね。

しかし、卸問屋からの仕入れであれば請求書の発行は可能です。

私の場合は、出品申請の際はNETSEA(ネッシー)から請求書を発行して貰いました。

NETSEAから請求書を貰おう

NETSEAから請求書を貰おう

この請求書はNETSEAの卸問屋に請求書を発行して貰って、2017年に実際にAmazonへ提出したものです。

2017年はAmazonの出品規制ラッシュでした。

  • ドラッグカテゴリー
  • 食品&飲料

以上のカテゴリーは請求書の提出が必須でした。

で、一発通過しなかったです(;^ω^)

規制解除ならず

amazon出品申請解除ならず

原因は、その時気が付かなかったんですが、請求書に卸問屋さんの連絡先がなかったんですよね( ;∀;)

求められている条件を満たせていなかったんです

審査結果については、

「審査基準、審査内容、審査結果の理由はお問合せいただきましてもご案内いたしかねます」

ということなので、何が原因か自分で調べることになります。しかし、しっかり事前に条件を満たした請求書を用意できれば、何が原因で申請が通らないかがわかりますね。

請求書を発行して貰う時は、NETSEA(ネッシー)で出展している卸問屋さんに、

  • 申請日より〇日以内
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計〇点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)
  • Amazonが申請時に通知された企業に連絡する場合がある

以上の条件を満たしているものを発行して貰えばOKです(^^)

まずはNETSEA(ネッシー)で出展している卸問屋さんに請求書を発行して貰えるか確認をしましょう。

amazonの出品申請がどうしても通らない時

申請が必要な商品を仕入れてしまった時は、返品ができなければ自分の在庫になってしまいます。

amazonで売れないからと言って在庫を放置すると、キャッシュフローが悪化してしまいますよね。

amazonでは販売でいない時のためにも、amazonとは別の換金先を作っておくのがおススメです

すぐに換金できるのは、買取店に買い取ってもらって現金化するのがおススメです。

 

今は買取店にわざわざ持って行かなくても、発送するだけで買い取ってもらえるので便利ですよね。

 

しかし、同じ商品を複数仕入れてしまっている場合は、買取店では買い取ってくれない場合もあります。

 

そんな時はやはりフリマサイトで売るのがおススメです。

 

一番おすすめなフリマサイトは「メルカリ」です。

 

メルカリは業績が悪化していて売れないのでは?

 

と思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、メルカリはユーザー数が2216万人(2019年4月時点)。

ラクマは1115万人(2019年4月)、PayPayフリマはダウンロード数が200万人(2019年12月)

メルカリは他のフリマアプリと比較しても多くの利用者がいますね。

私もかなりお世話になっています!

 

出品申請 売れない時

販売のやり方も自由度が高いので、複数セットで販売できれば発送料なども経費を抑えることが可能ですよね。

メルカリに新規で登録する場合は、クーポンコードの入力で500円分のポイントが入るので、入力してから登録しましょう。

 

クーポンコード⇒PJNMNC
コピペしてクーポンコードに入力してくださいね。

 

まとめ

amazon販売で出品申請が通らない理由は、

 

  • その商品の販売実績がないまたは少ない
  • 事前に申請が必要な商品
  • そもそも販売禁止商品である

 

上記の理由が考えられます。

 

仕入れの際は必ず出品申請が必要な商品か調べてから仕入れましょう。

もし仕入れてしまった場合は、Amazon以外で販売し現金化しましょう。

Amazonは実は、転売に向いていないのです!

仕入れた商品を新品で出品する場合は、
以下のルールの厳守が必要です。
amazon販売 新品

 

仕入れ先が卸問屋であれば、請求書の発行なども可能ですので出品申請も可能になります。

 

仕入れ先に卸問屋を追加するのが必須と言えますよね。

まずは、審査申請の必要ない卸問屋の登録をしてみてくださいね。

「amazonやメーカーからの知的財産侵害及び商標権侵害などで出品の取り下げのリスクを回避したい」 「amazonの出品規制解除して、ライバルが仕入れられない商品を仕入れて独占販売したい! 」 1日中リサーチしてやっと見つけた商品が、 ・メーカーから出品取り下げの請求メールが来た ・実は出品出来ない商品だった 私も何度か経験したことがあるのですが、落ち込みますよね。

そんな方にオススメです。

アマゾン出品規制や仕入れに使える卸問屋情報教えます 販売歴3年半・総売上2000万以上の経験者が教えます


noteでしか見れない卸問屋情報掲載中です。

【せどり情報】メルぞうで公開したレポートまとめ

■卸問屋から仕入れてAmazonで販売する方法をメルマガで配信しています■

無料で仕入れ先や利益が出た商品を今なら配布しているので、仕入れの方法について一通り迷わず取り組んでいただけますよ。

→ 友だち追加

私が配信しているメルマガに登録してもらうと、卸問屋の仕入れ情報をまとめたレポートをプレゼントしています。

卸問屋からの仕入れのイメージをしてみてください(^^)/

アマゾン規制・メーカーからの警告不安を感じている方へ。
「卸問屋」の仕入れ先情報を無料公開しています

アマゾンからの出品規制やメーカーからの警告のメールを受け取って、
Amazonで販売するのもう無理なのかな?」と感じていませんか?

店舗やネットで仕入れた商品の販売は利益が取れるので魅力的ですが、
真贋調査商標権侵害の警告から逃れながらの販売は
アカウントの停止のリスクが高いです。

私が取り組んできた
「仕入れ先を卸問屋にシフトする」だけで
Amazonのアカウント停止のリスクを回避できます。

しかし、ネットで仕入れができる「卸サイト」を知っているけど、
リサーチしたことがない方が多いです。

卸サイト「NETSEA」をご存知の方は、
リサーチしてみたけどあまり良い商品見つからなかった方も多いのでは?

でも実際は仕入れが可能な卸サイトなんです!

実際に私が仕入れをして利益を出した商品をご紹介します。

自宅にいながら、
187円利益の出る商品を288個仕入れしたりしてます。

1回の仕入れ時間は大体30分。
NETSEAって利益の出る商品なんてないって思い込んでいませんか?

卸問屋をインターネットで探し回る時間をNETSEAのリサーチ時間にしてください。

そんなNETSEAで仕入れた商品を
メルマガの読者の方に公開することにしました。

ぜひ使って下さいね~。

■1掛け仕入れも可能な卸問屋をご紹介します

卸問屋って探してもなかなか見つからないです。
しかも貴重な仕入れ先なのでなかなか誰も教えてくれない(笑)

しかも今回ご紹介する卸問屋は登録料金がかかります。
その分参入してくるセラーが少ないのでライバルが増えにくいんです。

今回、読者さん限定料金でご紹介させていただいているので、
是非検討されてください。

■こんな内容のメルマガを配信しています

現在、メルマガ読者の方限定で公開しています。

「子どもが小さいうちは自宅で仕事をしたい」
私もそう思って、自宅でビジネスを始めました

私が最初に取り組んだのはせどりです。
せどりの仕入れを卸問屋にシフトして、
子育て中のママでも短時間の作業収入を得る仕組みを作ってきました。

以上のプレゼントを、メルマガにご登録頂いた方全員に差し上げています。
これらは全て無料ですので、ぜひお受取り下さいね~

名前の登録は不要で、
メールアドレスだけ入力して 「送信」のボタンをクリックしてもらえばOKです。

子育てしながらメルマガ


※登録・解除は無料です。メルマガ配信が不要だと感じたら、いつでもお届けしたメールの解除フォームより解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました