【せどり】FBA小型・軽量商品プログラムと卸仕入れまとめ

せどり

 

こんにちは!

新潟は本日雪でございます~真っ白になってきました~たこです(^^♪

本日もよろしくお願いいたします。

いやぁ、寒いっス。

ホントに寒い。

懐まで寒くならないように、いつも売り上げ作っていきたいところであります(-ω-)/

Amazon販売で売れない日って本当に心配になりますよね。

そんな心配を少しでも軽減できるのが「FBA小型軽量商品プログラム」のいいところでもあります。

今日はね私の実録をお話ししつつこの「小型軽量商品プログラム」についてお話ししていきますね!!

 小型軽量商品プログラムのおさらい

では早速小型軽量商品プログラムについて書いていきます。

もしかしたらこれを読んでくれているあなたはこの小型軽量商品プログラム、

知っているけど扱ったことはないのでは?

概要はAmazonセラーセントラル内のAmazon出品大学内のレポートにあります。

f:id:pkh2017:20181227105811p:plain

FBA小型軽量商品プログラムは、在庫の回転率が速く、1,400円以下の小型軽量商品を対象としたフルフィルメント by Amazon (FBA) の出荷方法です。本講座では、FBA小型・軽量商品プログラムの概要(メリット、手数料、対象条件など)と特有の操作・オペレーション要件を解説いたします。

とにかく規格内の月に25個以上売れている販売価格が1400円以内の商品は該当している可能性があります!

概要を踏まえて次の章では実際私が去年どれくらい販売したかをお話しさせていただきますね~

卸問屋を使った小型軽量商品プログラムの2018年の売り上げ実績は150万円以上

ひと月に扱っている小型軽量商品プログラムの商品は大体15~20種類です。

リピートできているものもあれば、

一期一会の商品もあります。

扱ってきた感じで言うとリピートできない商品の方が利益率は高いです。

そうはいっても多売薄利なので利益は一つ当たり数十円から100円、200円といった感じです。

実はこのプログラムは今年から1400円までの商品に変更になりましたが、

それまでは800円までの商品のプログラムでした。

なのでこんなに利益幅が少ないですが、大幅に改定されたので今後も取り組んでいきたいと考えてますよ。

では小型軽量商品プログラムを扱うメリットは何でしょうか?

つぎのしょうでおはなしい

では次の章ではなんで取り組もうと思ったのかをお話ししていきますね~

卸仕入れと小型軽量商品プログラムは相思相愛だった

この章では卸問屋×小型軽量商品プログラム、相性いいんですってお話しです。

卸問屋のメリットは一つの商品を大量に仕入れられることが挙げられますね~

小型軽量商品プログラムは一回の納品で必ず24個以上納品をしないといけないんです。

卸問屋やメーカー仕入れをしていない人は参入が難しい

ここが一番のメリットと言えると思うんですが、

卸問屋やメーカーから大量に仕入れができないセラーはライバルになりにくいですね。

例えば店舗せどらーさん。

店舗でサイズ内の商品を24個以上仕入れるのって結構難しいですよね。

ネットショップを使っている電脳せどらーさんもできなくはないですけど

いろいろな制約があるので商品を24点以上集めるのって

結構至難の業ですよ。

卸仕入れも小型軽量商品プログラムもデメリットが沢山あるからライバルが少ない

ライバルが少ないのには理由があります。

ではではそのデメリット部分を見ていきましょう。

販売単価が低く利益が出にくい

最高でも販売価格が1400円と低めです。

差額が大きな商品は見つけにくいです。

利益率は低くいですが、商品によっては20パーセント以上のものも見つかりますよ(*^^*)

やっぱり基本は仕入れの値段をディスカウントする事ですね~

商品にかかる手数料が分かりにくい

これで結構取り組んでいない人はたくさんいますよ。

「結局いくらかかるの?」って思っている人は多いはずです。

でも、安心してください!

出てますから!

ここです。

f:id:pkh2017:20181227152921p:plain

商品登録後にわかるんです。

手数料シュミレーターで算出しても正確なものは出てきませんよ。

FBAの専用倉庫に納品しなければならない

小型軽量商品プログラムの納品倉庫は、

1. VJUN(埼玉県比企郡吉見町西吉見480 GLP吉見)
2. VJU1(神奈川県伊勢原市石田100 MFLP厚木Ⅱ)

この二か所です。

1つの商品の利益が少ないので尚更なんですけど、

配送料はできるだけ押さえたい=発送する段ボールに沢山詰めて発送したいです。

ということは、

小型軽量商品プログラムの商品を一種類だけ

仕入れてしまうともったいないんです。

もちろんひと月に100、200と販売できる商品もありますけど

そういった商品てほとんどAmazonさんが扱ってたり、

今後もこのペースで売れるかわからないので、

あまりにも沢山在庫を持つのはリスクがあります(-_-;)

なので通常の納品と同じですが、箱に沢山詰めて納品したほうがお得です。

小型軽量商品プログラム商品の仕入れが結構できないと、

送料がかかってしまって利益が取れなくなる場合もあるので

注意が必要ですね。

そういったハードルもあります。

こちらの記事でも納品について触れているので読んでみてください。

www.xn--v8jva8br0n014x9xwc.com

FBAの優良サービスが利用できない

当日お急ぎ便が利用できない(お急ぎ便は利用できます)、

マルチチャネルサービス、

ギフト設定もメッセージの利用もできません。

これは現在のAmazonのルールです。

f:id:pkh2017:20181227153521p:plain

来年にはまた改定があるようですね。

 

ルールは随時変更があるので情報収集も必要です。

しっかり確認しておきましょ(^^)/

小型軽量商品プログラムのせどりに向いているのは「花より男子」の牧野つくし

f:id:pkh2017:20181227174038j:plain

「まーきのっ」です。

「花より男子」私はまんがで読んでました(*^^*)

まーきのっのように一般的な目を

持っている人にピッタリですよ。

子育てしながらせどりするママと相性がいい

子育て中ってこどもの様子に敏感です。

お腹がすいているのか?とかおしっこが出たか?とか。

お母さんてそういった子供の様子に気が付いてそれにあった対応ができますよね。

小型軽量商品プログラムはルールの改定も結構頻繁にありますし、

商品自体も売れ行きによっては該当する場合もありますし、

該当から外れる場合もあります。

情報には敏感に対応できたほうがいいです。

また小型軽量商品プログラムは在庫の管理が必要な商品です。

と言っても在庫の管理や売り上げ管理の時に確認することになるのでそんなに注意は必要ありませんよ(^O^)

卸問屋を使った小型軽量商品プログラムの実際のリサーチ方法

扱ったことのある商品はリサーチしてみる

私はリサーチと言ったら過去に販売したことのある商品を

基にリサーチすることが多いです。

過去に販売したことのある商品は、

価格改定ツール「マカド」で販売履歴を確認するのがおススメです。

小型軽量商品プログラムのリサーチは仕入の時にサイズを気にするだけでいい

リサーチは通常商品と一緒です。

私は利益の出る商品を見つけた卸問屋で

リサーチしたついでにサイズなどの規格を気にすることにしています。

実はこのプログラムに該当する商品ばかりリサーチすることがあるんですが、

探すとなかなか見つからないんです。

なかなか条件がそろう商品が、、、ない(;・∀・)

なのであったらラッキーくらいで仕入れをするスタイルに行きつきました(;^ω^)

ただですね、これだけは押さえておいたほうがいい注意点があるんです。

実際何度か私が失敗してきているので、

仕入れの際の注意点を次章でお伝えしますね~

小型軽量プログラム商品の仕入れの注意点

販売実績があるので売れていることは確実です。

仕入れられる商品を見つけたら仕入れて大丈夫、、、ではないです。

以下の事をお忘れなく!

Amazonの直販があるものまたは復活の可能性があるものは仕入れない

仕入れの基仕入れの本はいつも一緒です。

強敵がいる商品は仕入れない!これにつきます。

Amazonさんは本当にすごい(^_^;)

在庫を長期間持たないためにもAmazon本体が販売している商品には

手を出さないほうがいいです。

とは言っても廃盤商品や市場に在庫か無い又は少ない場合は例外です!

逆にチャンスですから、見極めが必要ですね〜

しっかりモノレートや市場調査を行って仕入れをしていきましょう(^^)

FBA小型軽量商品プログラムと卸仕入れのまとめ

メリットもデメリットもあるこのプログラムですが、

私が取り組もうと思った一番の理由は

通常のせどりの難点をカバーできると思ったからなんです。

せどりはフロー型のビジネスなので

リサーチを止めてしまうと販売できる商品は仕入できません。

 

でも小型軽量商品ブログラムに沿った商品を

増やしていくことはストック型のビジネスに近づけることができます。

今まで掛けていた時間を少しずつ減らして、

他の商品リサーチや他のビジネスを手掛ける時間を確保できます。

 

このプログラムの利益は月に1万円くらいしか確保できていません。

でももう少しテコ入れして月に5万円くらいこの小型軽量プログラムで

利益を出せるようにすると、

今力を入れている外注化も上手くいく仕組みが作れると考えています。

まだまだ可能性を秘めていると感じています。

こういうのって、始めた者勝ちですよね!ライバルが少ないうちに取り組んで見てくださいね〜

アマゾン規制・メーカーからの警告不安を感じている方へ。
「卸問屋」の仕入れ先情報を無料公開しています

アマゾンからの出品規制やメーカーからの警告のメールを受け取って、
Amazonで販売するのもう無理なのかな?」と感じていませんか?

店舗やネットで仕入れた商品の販売は利益が取れるので魅力的ですが、
真贋調査商標権侵害の警告から逃れながらの販売は
アカウントの停止のリスクが高いです。

私が取り組んできた
「仕入れ先を卸問屋にシフトする」だけで
Amazonのアカウント停止のリスクを回避できます。

しかし、ネットで仕入れができる「卸サイト」を知っているけど、
リサーチしたことがない方が多いです。

卸サイト「NETSEA」をご存知の方は、
リサーチしてみたけどあまり良い商品見つからなかった方も多いのでは?

でも実際は仕入れが可能な卸サイトなんです!

実際に私が仕入れをして利益を出した商品をご紹介します。

自宅にいながら、
187円利益の出る商品を288個仕入れしたりしてます。

1回の仕入れ時間は大体30分。
NETSEAって利益の出る商品なんてないって思い込んでいませんか?

卸問屋をインターネットで探し回る時間をNETSEAのリサーチ時間にしてください。

そんなNETSEAで仕入れた商品を
メルマガの読者の方に公開することにしました。

ぜひ使って下さいね~。

■1掛け仕入れも可能な卸問屋をご紹介します

卸問屋って探してもなかなか見つからないです。
しかも貴重な仕入れ先なのでなかなか誰も教えてくれない(笑)

しかも今回ご紹介する卸問屋は登録料金がかかります。
その分参入してくるセラーが少ないのでライバルが増えにくいんです。

今回、読者さん限定料金でご紹介させていただいているので、
是非検討されてください。

■こんな内容のメルマガを配信しています

現在、メルマガ読者の方限定で公開しています。

「子どもが小さいうちは自宅で仕事をしたい」
私もそう思って、自宅でビジネスを始めました

私が最初に取り組んだのはせどりです。
せどりの仕入れを卸問屋にシフトして、
子育て中のママでも短時間の作業収入を得る仕組みを作ってきました。

以上のプレゼントを、メルマガにご登録頂いた方全員に差し上げています。
これらは全て無料ですので、ぜひお受取り下さいね~

名前の登録は不要で、
メールアドレスだけ入力して 「送信」のボタンをクリックしてもらえばOKです。

子育てしながらメルマガ


※登録・解除は無料です。メルマガ配信が不要だと感じたら、いつでもお届けしたメールの解除フォームより解除ができます。
※メール配信スタンドは、マイスピーという迷惑メールが一切届かない会社のものを使用しています。ご入力頂いたあなたの大切な個人情報は、SSL技術でデータを暗号化されるので、第三者に情報を盗み取られる心配は一切ありません。


スポンサーリンク

アドセンスリンク

コメント

  1. […] 【卸せどり】FBA小型・軽量商品プログラムと卸仕入れまとめ […]

  2. […] 【卸せどり】FBA小型・軽量商品プログラムと卸仕入れまとめ […]

タイトルとURLをコピーしました